ページ

2015年3月18日水曜日

EPSON GPS Watch SF-710Sを使って感じた事

2月の小江戸で初使用してみましたが、使い勝手は良好でした。
GPSの精度も高く、国道では車線までわかるほどです。

まだ少ししか使っていないので、触った感じをざっくりとご紹介します。

細かい機能は公式サイトをどうぞw

公式サイト
機能比較
各種マニュアル


【アレなところ】

・OS X(Mac OS)には未対応!

Mac使いは門前払いですw
IOS対応アプリがあるのでなんとかなるかと思ったんですが、PCからじゃないとファームウェアのアップデートが出来ないんです。
そう、不具合修正や新機能の更新ができなくなるので使い物になりません。

ただ、会社にWindows PCがあるのであれば、ファームウェアをダウンロードしてアップデートは可能です。
※PC用のRUN Connectをインストールしなくても大丈夫です。

自分は会社のPCでアップデートしました。

スタバいったらみんなリンゴマークのPC使っていますよ。
今時対応OSがWinのみとか勘弁してください。


【イイところ】

■GPS使用時にバッテリーが約30時間!

Ambit3 Peak様は最大200時間もあるんですが、かなりお高めですねっw

もちろんうらやますぃ限りですがっ!

でも30時間程度であれば、100マイル級のトレイルレースでもない限りまず大丈夫ですよね。
(今のところその予定はありませんw)

ちなみにGPSの取得間隔変更ができないようなので、約30時間固定になります。

■機能の割にはお手頃価格

タイム、距離、標高、平均ペースなど必要な情報は取れると思います。
それでいて実売価格が¥29000くらいですから、むしろお安いくらいだと思います。

■GPXデータダウンロード可能

Webアプリ『Neo Run』からGPXデータ(走行ルート)がダウンロードできます。
このデータがあれば、JogNoteにもインポートできるし、スマホの地図アプリにもルートが表示できます。
試走の時とか意外とと便利ですよ。

■スマホアプリ『RUN Connect』でいろいろできる!

・リスト機器設定ができる
iOSとAndroid共にあります。(ここではWindows Phoneがハブですw)
表示設定とか、オートラップの間隔設定とかはこのアプリで行います。
プリセットとして複数登録できるので、レースの種類などで切り替えも簡単です。

・アプリ単体でWebアプリ『Neo Run』にアップロード
記録データを直接Neo Runにアップロードできます。
いちいちPCを立ち上げなくていいのが便利ですが、記録データをアプリに取り込む時にちょっと時間がかかりますね。
(長距離であればあるほど時間がかかります)

こんな感じでしょうかね。
スマホアプリのおかげで手軽に使える印象です。


購入を検討していらっしゃる方の参考になれば幸いです。