ページ

2014年2月22日土曜日

上州武尊山スカイビュー・ウルトラトレイル概要説明会

上州武尊山スカイビュー・ウルトラトレイルの概要説明会へ行ってきました。

2012年の第一回上州武尊山スカイビュートレイル 里山の部に出場したことがあったんですが、素晴らしいおもてなしが印象的なレースだったんですよね。
それで今回のウルトラの部が新設されるとあり超気になっていたところに、ネットで今回の説明会参加を見つけてポチったのでしたw


会場は仕事帰りのトレイルランナーでひしめいております。
やっぱみんな気になっているのねw

今回から115kmなんてロングトレイルですから、川場村・みなかみ町・片品村の三町村で大開催です!
なので、各役場から遠路はるばるみなさんいらしてその土地をPRされていました。
どこも魅力的なところですから、試走の際はぜひお泊りでいきたいですねー。

会場には鏑木さん、横山さん、星野さんが。

さて、鏑木さんが言うには、日本初の『ヨーロッパ型ウルトラトレイル』なんだそうですよ、奥さん。 なんかすごい響きですよね、日本初!w

今回115kmを実現するために、使われなくなった林道を再開拓、道無き道を切り開いたそうです。 累計標高は8300mとか言っていたかな。

完走するためのキーワードは『山岳力』だそうです。

鏑木さんが言うには、山岳力とは登山的な技術を指すそうです。
全て走るコースではないので、歩くタイミングを判断したり、積極的に早歩きをする。
もちろん気温差なども激しいそう(開催の9月でも積雪の実績あり。その場合氷点下に。)なので、状況の対応力ですよね。
岩場も登るし、下りもかなりテクニカルなところが多いとのこと。


高低図もコレですよ。
平坦で気持ちよく走れそうなところがありません。 ピークの数はUTMF以上だそうですよwww

でも、完走できたら胸を張って海外のレースに出ていけるそうです!

逆を返せばそれだけ厳しいということですね。

レギュレーションもUTMBやUTMF準拠だそうです。
参加資格は60kmは30km以上のトレイルレースを2回以上完走。
115kmは過去二年以内に50km以上のトレイルレースを2回以上完走。
30kmは無資格。

トレイル率(無舗装の林道込み)はおおむね75km。
ウルトラトレイルポイントは4ポイント予定。
コース整備はこれから行うので、随時ホームページで情報を発信してもらえるとのことです。
エントリー開始は5/1です。

鏑木さん曰く、「すごく厳しいけど、完走すると『感動』が待っています。」

とのこと。 参加される方は、心と体の準備を万端にして挑んで欲しいですねー(^^)



あ、そうそう、今回のスポンサーでもある山と渓谷社さんが『マウンテンスポーツネットワーク』というトレラン専門サイトを夏オープンに向けて準備中だそうです。

コンテンツとしては
・トレラン版ヤマレコ→コースログを残せる。
・イベントカレンダー
・ユーザーランキング→登録ユーザーのレースタイムを集計、ポイント換算にして順位を競うそうです。
・イベント

どうなるか楽しみですなw